Clannad:SEEN6416

From Baka-Tsuki
Jump to: navigation, search
Icon fuuko.gif This Clannad SEEN page has been marked to require cleanup
so that it matches the Guidelines necessary for processing.

Please see Template:Clannad:Cleanup for more information.

Return to the main page here.

Translation[edit]

Line 383: Char Aznable Custom and Line 393: Red Comet[edit]

  • Plastic model kits from the U.C. Gundam universe often have variations that have been dubbed "Char Aznable Custom", whose color scheme is mostly red or based off red. Or sometimes golden? (Hyaku Shiki).
  • Red Comet is another name Char Aznable went by.

See the wikipedia entry for more details.

Text[edit]

// Resources for SEEN6416.TXT

#character '*B'
#character 'Furukawa'
// 古河
#character 'Voice'
// 声
#character "Furukawa's Mother"
// 古河・母
#character "Furukawa's Father"
// 古河・父
#character 'Sanae'
// 早苗
#character 'Akio'
// 秋生
#character 'Father'
// 親父

//From SEEN0416
<0000> I find myself in front of the drama clubroom.
// 演劇部の部室前。
<0001> \{\m{B}} (I end up coming here again...)
// \{\m{B}} (ああ、また来ちまったよ…)
<0002> I wonder if doing this makes me feel responsible?
// 俺はそんなにも責任を感じているのだろうか。
<0003> I don't even bother with school duties.
// 学生の義務さえ、放棄してしまっているのに。
<0004> I turn around, hearing faint footsteps.
// 小さな足音が聞こえてきて、俺は振り返る。
<0005> There's Furukawa running towards me.
// 古河が半ば駆けるようにして、こっちに向かってきていた。
<0006> \{Furukawa} "\m{A}-san!"
// \{古河} 「\m{A}さんっ」
<0007> She looks happy as she calls my name, standing beside me.
// 嬉しそうに、そう俺の名を呼んで、横に並んだ。
<0008> \{Furukawa} "I'm surprised..."
// \{古河} 「びっくりしました…」
<0009> \{Furukawa} "I didn't think that you'd be here, \m{A}-san."
// \{古河} 「誰か居るって思ったら、\m{A}さんでした」
<0010> \{\m{B}} "Yeah. Sorry it's just me."
// \{\m{B}} 「ああ、俺で悪かったな」
<0011> \{Furukawa} "No, it's not that I was expecting someone else."
// \{古河} 「違います、違う人を期待してたわけじゃないです」
<0012> \{Furukawa} "I'm glad it was you."
// \{古河} 「\m{A}さんでよかったです」
<0013> \{Furukawa} "I didn't think someone I knew would be waiting..."
// \{古河} 「知ってる人が待ってくれてるなんて、思わなかったですから…」
<0014> \{Furukawa} "I was so happy that it made me run."
// \{古河} 「すごくうれしくて…走ってきてしまいましたっ」
<0015> I see...
// そうか…。
<0016> So I'm a special guy in her eyes, despite having no courtesy or manners.
// こんな愛想のない野暮ったい男でも、こいつにとっては、唯一話ができる人間だったのだ。
<0017> \{Furukawa} "Well, what are you doing right now?"
// \{古河} 「あの、今から、何かしますかっ」
<0018> \{\m{B}} "Let's see..."
// \{\m{B}} 「そうだな…」
<0019> I open the door.
// 俺はドアを開く。
<0020> Cardboard boxes and equipment are scattered all over the floor.
// 床一面に広がるダンボールや備品。
<0021> \{\m{B}} "First of all, it's time for some cleaning..."
// \{\m{B}} 「とりあえず、掃除だな…」
<0022> \{Furukawa} "That's true."
// \{古河} 「ですよね」
<0023> \{Furukawa} "We have to remove most of these things first..."
// \{古河} 「まず、物をどかさないといけないです…」
<0024> \{\m{B}} "Right."
// \{\m{B}} 「だな」
<0025> We carried much of the equipment and unimportant looking boxes to an empty classroom, picked up some cleaning tools, and then began cleaning the room.
// 俺たちは物を別の空き教室に運び、また別の教室から持ってきた掃除用具で掃除を始めた。
<0026> We use the duster, sweep with the broom, and then mop the floor.
// はたきで埃を落とし、箒で掃き集め、そして雑巾掛けをした。
<0027> By the time the sun begins to set, the clubroom finally begins to look usable.
// 西日が差し始める頃、ようやく部室として使えるほどに片づいた。
<0028> \{\m{B}} "This should do, right?"
// \{\m{B}} 「こんなもんでいいかな」
<0029> \{Furukawa} "Yes!"
// \{古河} 「はいっ」
<0030> Furukawa's eyes brighten up as she surveys the room.
// 古河が目を輝かせて室内を見渡す。
<0031> \{Furukawa} "We did it... our clubroom."
// \{古河} 「できました…わたしたちの部室です」
<0032> \{\m{B}} "Our?"
// \{\m{B}} 「わたしたち?」
<0033> \{\m{B}} "I'm not a club member though."
// \{\m{B}} 「俺、部員じゃないんだけど」
<0034> \{Furukawa} "Eh...?"
// \{古河} 「え…?」
<0035> Her expression completely changes into one that's about to cry.
// 一転して、泣きそうな顔になる。
<0036> But I have to make this clear.
// しかし、これだけははっきりとさせておかなければいけない。
<0037> \{\m{B}} "I'm just going to help you find members."
// \{\m{B}} 「俺は部員を集める手伝いをするだけだぞ」
<0038> \{Furukawa} "Drama is fun, though."
// \{古河} 「演劇、楽しいです」
<0039> \{\m{B}} "I'm not interested in drama."
// \{\m{B}} 「演劇に興味なんてない」
<0040> \{Furukawa} "Well... are you really... not interested?"
// \{古河} 「本当に…その…ないんですか」
<0041> \{\m{B}} "That's right. Sorry."
// \{\m{B}} 「ああ。悪いけど」
<0042> \{Furukawa} "........."
// \{古河} 「………」
<0043> ... She looks sad.
// …落ち込んでいる。
<0044> \{\m{B}} (Even if I'm interested, I wouldn't show you that I am...)
// \{\m{B}} (興味ある素振りすら、見せてないはずなんだけどな…)
<0045> \{\m{B}} "Well, Furukawa."
// \{\m{B}} 「あのさ、古河」
<0046> \{Furukawa} "Yes?"
// \{古河} 「はい」
<0047> \{\m{B}} "People will come. Just leave it to me."
// \{\m{B}} 「すぐ、人なんて集まる。俺に任せておけ」
<0048> \{Furukawa} "No, that's not the problem..."
// \{古河} 「いえ、そういう問題じゃなくて…」
<0049> \{Furukawa} "I really wanted you to be here, \m{A}-san."
// \{古河} 「\m{A}さんに居てほしいと思っただけです」
<0050> \{Furukawa} "Regardless of how many people come."
// \{古河} 「何人集まろうと、です」
<0051> \{\m{B}} "Well... I'm happy to hear that, but..."
// \{\m{B}} 「いや…そう言ってもらえるのは嬉しいんだけどさ…」
<0052> \{\m{B}} "... Anyway, I'll give it some thought."
// \{\m{B}} 「…まあ、その件に関しては考えておくよ」
<0053> Although I'm not too sure about it.
// そう曖昧に締めくくる。
<0054> \{Furukawa} "Yes, please do so."
// \{古河} 「はい。お願いします」
<0055> That's right... my role is just to gather members.
// そう…俺の役割は、部員が集まるまでだ。
<0056> If I do that, she'll have plenty of people to talk to in this school...
// そうすれば、こいつも、学校で話せる人間がたくさんできて…
<0057> I'm sure she wouldn't rely on me anymore if I do so.
// 俺にすがる必要なんてなくなるに違いない。
<0058> Until then, I'll help her out.
// 世話を焼くのも、それまでだった。
<0059> We walk down the hill just like the other students who are going home.
// ふたりで、もう下校生徒もまばらな坂を下る。
<0060> I don't want to go home yet though.
// 少しだけ帰りたくなかった。
<0061> Well... \pmaybe a little.
// いや…\pかなり、か。
<0062> \{\m{B}} "I'm hungry."
// \{\m{B}} 「腹減ったな」
<0063> \{Furukawa} "Yes, I'm quite hungry too."
// \{古河} 「はい、空きました」
<0064> \{\m{B}} "You want to eat?"
// \{\m{B}} 「飯、食いたいな」
<0065> \{Furukawa} "Yes."
// \{古河} 「食べたいです」
<0066> \{\m{B}} "Shall we eat somewhere?"
// \{\m{B}} 「どっかで、食ってくか」
<0067> I invited her to eat something.
// そう誘ってみた。
<0068> \{Furukawa} "You mean, eat outside?"
// \{古河} 「外食ですか?」
<0069> \{\m{B}} "Right. Just like a delinquent."
// \{\m{B}} 「そう。不良っぽいだろ」
<0070> \{Furukawa} "But I have to go home and prepare the food."
// \{古河} 「でも、わたしは家に帰ってご飯作るお手伝いしないとダメなんです」
<0071> \{\m{B}} "It's alright."
// \{\m{B}} 「そんなのいいだろ」
<0072> \{Furukawa} "I can't leave the cooking to my mother though."
// \{古河} 「お母さんだけに任せておけないですから」
<0073> She said that with a carefree smile.
// そう言って笑う。全然苦に思っていないようだ。
<0074> I can see that she has a gentle family just by looking at that expression.
// その様子からも、彼女の家庭が暖かなものであることが窺えた。
<0075> \{Furukawa} "Don't you eat at your house?"
// \{古河} 「\m{A}さんは、家でご飯、食べないんですか?」
<0076> \{\m{B}} "There wouldn't be anything there even if I go home."
// \{\m{B}} 「帰っても、何もないからな」
<0077> \{Furukawa} "........."
// \{古河} 「………」
<0078> A brief silence.
// しばし沈黙。
<0079> \{Furukawa} "Um... well..."
// \{古河} 「えっと、そのっ…」
<0080> She wants to say something. I explain before she does.
// 何か言いつくろおうとする。その前に俺は教えることにする。
<0081> \{\m{B}} "My dad's okay. But my mom isn't around anymore."
// \{\m{B}} 「親父は元気だよ。母親のほうは、いないけどさ」
<0082> \{Furukawa} "Well... don't you eat dinner with your father?"
// \{古河} 「じゃあ…その、お父さんと晩ご飯食べないんですか?」
<0083> \{\m{B}} "Not really. We've been on bad terms for a long time now."
// \{\m{B}} 「ああ。喧嘩してるんだ、ずっと」
<0084> I say it so she can understand it clearly.
// わかりやすくするため、そういうことにしておく。
<0085> I don't think I have ever shared this with anyone before.
// きっと今の酷さなんて、誰にも伝わらない。
<0086> And I don't know why I'm sharing it with Furukawa..
// 俺にしかわからない。
<0087> \{Furukawa} "Did something happen?"
// \{古河} 「何か、あったんですか?」
<0088> \{\m{B}} "Yeah, a lot of things."
// \{\m{B}} 「ああ。色々あった」
<0089> Things you wouldn't be able to fix. Things nobody could fix.
// もう取り返しのつかないほど色々と。
<0090> \{Furukawa} "........."
// \{古河} 「………」
<0091> She notices that our conversation became somewhat unpleasant and suddenly sank into silence.
// XCN: Mixed tenses; needs rewrite.  Maybe "has become" and "suddenly sinks".*
// 彼女は黙り込む。気まずい方向へと話が進んでいることを気にしているようだった。
<0092> \{\m{B}} "We're just one of those motherless families."
// \{\m{B}} 「ま、父子家庭ってのはそんなもんだ」
<0093> \{\m{B}} "If two guys got along that well, it would look weird, wouldn't it?"
// \{\m{B}} 「男ふたりが顔を突き合わせて仲良くやってたら、逆に気持ち悪いだろ」
<0094> I add that as a follow-up.
// フォローのつもりでそう付け加える。
<0095> \{Furukawa} "You think so...?"
// \{古河} 「そうですか」
<0096> \{Furukawa} "But, somehow..."
// \{古河} 「でも、どこかで…」
<0097> She puts both her hands on her chest.
// 彼女は胸の前で両手を重ねて…
<0098> \{Furukawa} "You have to talk with him, even if it means arguing."
// \{古河} 「喧嘩していても、どこかで、通じ合っていればいいです」
<0099> That's what she concluded.
// そうまとめた。
<0100> \{\m{B}} "I guess."
// \{\m{B}} 「そうだな」
<0101> I sighed.
// 息をつく。
<0102> Why did I tell her about my family problems?
// 俺は不思議に思った。どうしてここまで、自分の家の事情など話してしまったのか。
<0103> \{Furukawa} "Well, if it isn't a problem..."
// \{古河} 「あの、もし迷惑でなければ…」
<0104> \{Furukawa} "May I invite you to dinner?"
// \{古河} 「晩ご飯、ご招待します」
<0105> Maybe I was waiting for those words to come.
// あるいは、その言葉を俺は待っていたのかもしれない。
<0106> I just wanted to get away from my house.
// ただ、家から遠ざかりたくて。
<0107> \{\m{B}} "Is that okay?"
// \{\m{B}} 「いいのか?」
<0108> \{Furukawa} "I don't mind. If I tell my parents you're a friend, I'm sure they'll be fine with it."
// \{古河} 「構わないです。わたしの友達って言えば、快く迎えてくれます。これには自信あります」
<0109> \{\m{B}} "I see."
// \{\m{B}} 「そっか」
<0110> It seems that she has a really happy family.
// 本当に、幸せな家庭なのだろう。
<0111> A disgusting person like me is hesitating on going to such a place, but doesn't hesitate on not going home.
// XCN: More mixed tenses.  Maybe "hesitates to go" and "doesn't hesitate to avoid going home"?*
// そんな場所に無粋な俺などが割って入ることに気兼ねはしたが、それ以上に家に帰ることがためらわれた。
<0112> I guess that's why I accepted her offer.
// だから、俺は遠慮もせずご相伴に預かることにした。
<0113> \{Furukawa} "If you go straight from here to the park, there's a bakery upfront there."
// \{古河} 「ここから真っ直ぐいくと、公園があって、その正面にパン屋があります」
<0114> \{\m{B}} "Okay."
// \{\m{B}} 「うん」
<0115> \{Furukawa} "That bakery is my house."
// \{古河} 「そのパン屋が家です」
<0116> \{\m{B}} "I see."
// \{\m{B}} 「わかったよ」
<0117> \{Furukawa} "Well then, please go ahead and wait at my place. I'll be joining you soon." // Nagisa needs to go buy food first
// \{古河} 「それでは、家で待っててください。すぐわたしも戻りますので」
<0118> \{\m{B}} "See you then."
// \{\m{B}} 「ああ。じゃあな」
<0119> \{Furukawa} "Okay."
// \{古河} 「はい」
<0120> I suddenly seize her shoulder as she turns away.
// と背中を向けた彼女の後ろ襟を掴む。
<0121> \{\m{B}} "Wait, wait, why are we saying farewell in such a place?"
// \{\m{B}} 「待て待て、どうしてこんなところで一度別れるんだよっ」
<0122> \{Furukawa} "Eh? That's not okay?"
// \{古河} 「え? ダメでしょうか」
<0123> \{\m{B}} "It's not that... well, if you leave now, wouldn't it be suspicious if I introduce myself as your friend?"
// \{\m{B}} 「ダメもなにも、おまえがいなけりゃ、俺は身元が怪しい自称おまえの友達でしかないだろ」
<0124> \{Furukawa} "It's alright, we're wearing the same school uniform after all."
// \{古河} 「大丈夫です。制服着てますから」
<0125> \{\m{B}} "That's not the problem!"
// \{\m{B}} 「そんな問題じゃないっ」
<0126> \{\m{B}} "Even if they agree, wouldn't it be weird if I sit there and enjoy myself watching TV with your folks?"
// \{\m{B}} 「快く通されて、会ったこともないおまえの家族と俺がテレビ見ながら団欒してたほうが不気味だろっ」
<0127> \{Furukawa} "That's why I said I'm confident about that."
// \{古河} 「だから、自信あるんです」
<0128> \{Furukawa} "Please don't worry about my home. It's not weird. We're all good people."
// \{古河} 「うちの家族は、そういうこと気にしないです。不気味じゃないです。とても自然に接してくれます」
<0129> \{\m{B}} "That's amazing then..."
// \{\m{B}} 「そらぁすげえな…」
<0130> I wonder what kind of family it is. I can't even imagine...
// どんな家族だ。想像もつかねぇ…。
<0131> I look up at the sky.
// 天を仰ぐ。
<0132> \{\m{B}} "Oh damn..."
// \{\m{B}} 「しまった」
<0133> When I return my gaze over to her, she was already far away, waving her hand.
// 目線を戻したとき、彼女はすでに遠くにいて、こっちに向けて手を振っていた。
<0134> \{Furukawa} "If you go to the park, you can't miss it!"
// \{古河} 「公園までいったらわかりますのでっ」
<0135> She says that as she leaves.
// そう言って、立ち去った。
<0136> I also leave, alone.
// ひとり残される俺。
<0137> \{\m{B}} (I guess... she's a bit naive...)
// \{\m{B}} (あいつ…世間知らずだよな…)
<0138> I only just realized that.
// そのことを痛感する。
<0139> \{\m{B}} "I guess I'll go buy a lunch box and go to Sunohara's room..."
// \{\m{B}} 「今日も弁当買って、春原の部屋か…」
<0140> I murmured a little, walking off.
// 呟いて踵を返す。
<0141> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0142> But then, I suddenly stopped there.
// が、そこで足を止める。
<0143> ... I wonder what she will do if I leave this place?
// …ここで俺がいなくなったとしたら、あいつはどうするだろうか。
<0144> \{\m{B}} (I'm sure she'll search for me...)
// \{\m{B}} (きっと探すだろうな…)
<0145> This has become troublesome.
// 面倒なことになったものだ。
<0146> \{\m{B}} "Sigh..."
// \{\m{B}} 「はぁ…」
<0147> Somehow, I felt irritated.
// なんだか無性に腹が立ってきた。
<0148> I only got myself involved on a whim.
// ちょっとした気まぐれから面倒を抱え込んでしまった自分に。
<0149> If I didn't do anything, I wouldn't have to go through this...
// XCN: Weird tense.  Is it "didn't do", or "hadn't done"?*
// Also fixed misspelling ("though" -> "through").
// 何もしなければ、何も起きずに済んでいたのに…。
<0150> \{\m{B}} (Aaah! Damn it...)
// \{\m{B}} (ああーっ、くそっ…)
<0151> Something suddenly occurred to me.
// 頭の中で、何かが吹っきれた(あるいはキレた)。
<0152> That's right... \pit'd be fine to go along with her.
// そう…\pあいつの言ったことを行動に移せばいいのだ。
<0153> That's natural after all.
// 極めて自然に。
<0154> If I do so, everything will be fine.
// そうすれば、すべては自然の流れで起きた出来事。
<0155> Today will be one of the days I won't regret my inaction.
// 今日は何の後悔もない一日になる。
<0156> I'll eat dinner at her house and feel at home.
// あいつの家で晩飯を食って、家路についた。それだけとなる。
<0157> \{\m{B}} (Alright then, I'll play along...)
// \{\m{B}} (そうしてやる…)
<0158> I start walking to her house, my mind made up.
// 俺は『不自然』を強引に『自然』に変えるために、もう一度踵を返して歩き始めた。
<0159> \{\m{B}} "This must be it."
// \{\m{B}} 「ここか」
<0160> There's a bakery just in front of the park.
// 公園のすぐ正面。一軒のパン屋があった。
<0161> There's a sign that reads "Furukawa Bakery".
// XCN: Fixed "read".
// 『古河パン』と看板にある。
<0162> \{\m{B}} (What a simple store...)
// \{\m{B}} (すっげー地味な店…)
<0163> The glass door was half-closed, but you could see a lamp light shining brightly from the inside.
// ガラス戸は半分閉じられていたが、中からは煌々とした明かりが漏れている。
<0164> It seems they're still open.
// まだ営業中のようだった。
<0165> Even so, I was having a hard time deciding whether to enter. I wonder if there are people who come here other than regular customers?
// にしても、入りづらい佇まいである。常連客以外が、訪れることがあるのだろうか?
<0166> If I was a customer looking for bread, I would probably have searched somewhere else.
// 俺がパンを求める客であったなら、遠くても別のパン屋を探すだろう。
<0167> But I'm not a regular customer, I'm here because Furukawa invited me.
// でも今は、古河に招待されて来たのだから、ここに入るしかない。
<0168> I slid open the door and went inside.
// 戸の敷居を跨いで、中に踏み入る。
<0169> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0170> There's no one here.
// 誰もいなかった。
<0171> \{\m{B}} "Yo?"
// \{\m{B}} 「ちーっす」
<0172> I call out.
// 声をかける。
<0173> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0174> But no one answered.
// それでも、返事はなかった。
<0175> \{\m{B}} (They might be away...)
// \{\m{B}} (結局、留守なのかよ…)
<0176> \{\m{B}} (If so... I can take anything I want...)
// \{\m{B}} (だとしたら、取られ放題だぞ…)
<0177> I look towards the bread lined up on the trays.
// 俺は棚に並べられたパンに目を向ける。
<0178> \{\m{B}} (There are quite a few leftovers. I wonder what will they do with this...?)
// \{\m{B}} (かなり残ってるな。どうするんだろ、これ…)
<0179> Even though it was already rather late, there was plenty of bread left on the shelves.
// こんなに遅い時間だというのに、トレイには大量のパンが並べられていた。
<0180> They all look delicious.
// 見た目はうまそうだ。
<0181> \{\m{B}} "Alright, I'll try them."
// \{\m{B}} 「よし、味見してやるか」
<0182> I took one from the tray.
// その中のひとつを手に取る。
<0183> But before I put it in my mouth, I felt that something is not right and stop.
// だが、口に運ぶ途中で、違和感に気づき、手を止める。
<0184> \{\m{B}} (They put something in this...)
// \{\m{B}} (何か入ってるぞ、これ…)
<0185> \{Voice} "Good evening."
// \{声} 「こんばんはっ」
<0186> I suddenly hear a voice from behind.
// いきなり背後で声。
<0187> I turn around, surprised, and there standing near me was a woman.
// 驚いて振り返ると、ひとりの女性がすぐ近くに立っていた。
<0188> Seeing the apron she's wearing, I'm sure she is an assistant here.
// エプロンをしているところを見ると、きっと店員なのだろう。
<0189> I wonder if she's Furukawa's mother. But when I look at her, she looks quite young.
// 古河の母親なのだろうか。にしては、若く見えた。
<0190> \{Furukawa's Mom} "That's our new product for this week. Please have a try."
// \{古河・母} 「それ、今週の新商品なんです。食べてみてください」
<0191> \{\m{B}} "What's the price?"
// \{\m{B}} 「代金は?」
<0192> \{Furukawa's Mom} "It's alright, it's just a leftover."
// \{古河・母} 「結構ですよ。余り物ですから」
<0193> \{\m{B}} "Really? Lucky..."
// \{\m{B}} 「そりゃ、ラッキー」
<0194> \{Furukawa's Mom} "The concept for that is 'calming'."
// \{古河・母} 「それ、コンセプトは『なごみ』です」
<0195> \{\m{B}} "Huh? Will I calm down if I eat this?"
// \{\m{B}} 「あん? これ食うと、なごむの?」
<0196> \{Furukawa's Mom} "Yes. I think you'll definitely calm down."
// \{古河・母} 「はい。とってもなごむと思いますよっ」
<0197> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0198> I don't understand, but I guess I'll give it a shot.
// よくわからなかったが、食べてみることにする。
<0199> Crack!
// ぱきっ!
<0200> ... Crunch, crunch.
// …ボリボリ。
<0201> \{Furukawa's Mom} "I put a rice cookie inside. It's amazing, isn't it? My idea is great, isn't it?"
// \{古河・母} 「おせんべいが入ってるんですよ。すごいですよね。アイデアの勝利ですよね」
<0202> It's horrible.
// 敗北していた。
<0203> \{Furukawa's Mom} "I call it... \wait{1500}Rice Cracker Bread."
// \{古河・母} 「名付けて…\pおせんべいパンです」
<0204> That's exactly what it is.
// まんまだった。
<0205> \{Furukawa's Mom} "It'll be loved by all the children and elderly, won't it?"
// \{古河・母} 「お子さまから、ご年輩の方まで幅広く愛されそうですよね」
<0206> It'll be hated by all the children and elderly.
// 幅広く嫌がられそうだった。
<0207> \{Furukawa's Mom} "........."
// \{古河・母} 「………」
<0208> My silence probably made her anxious.
// 俺が黙っていることに、不安を覚えたのだろう。
<0209> \{Furukawa's Mom} "Um... is it not good?"
// \{古河・母} 「あの…ダメでしょうか?」
<0210> She timidly asked me.
// 恐る恐るそう訊いた。
<0211> \{\m{B}} "Yeah, to be frank, no one will buy this."
// \{\m{B}} 「ああ。ずばり言おう。こんなもの誰も買わない」
<0212> \{Furukawa's Mom} "I wonder what's wrong... is it the name?"
// \{古河・母} 「な…何が悪いんでしょう…ネーミングでしょうか」
<0213> \{Furukawa's Mom} "I'm not confident about the name..."
// \{古河・母} 「ネーミングに関しては自信ないです」
<0214> \{Furukawa's Mom} "Well... what should I do..."
// \{古河・母} 「えっと、どうしましょう…」
<0215> \{Furukawa's Mom} "It goes crunch, crunch... should I name it Crunch Crunch Bread...?"
// \{古河・母} 「ボリボリいうから…ボリボリパンとかっ…」
<0216> \{Furukawa's Mom} "Or is Crack Crack Bread much better?"
// \{古河・母} 「パキパキパンのほうがいいですか?」
<0217> \{\m{B}} "Um... could I say something?"
// \{\m{B}} 「あの、ちょっといい?」
<0218> \{Furukawa's Mom} "Yes, what is it?"
// \{古河・母} 「はい、なんでしょう」
<0219> \{\m{B}} "I don't think that's the problem."
// \{\m{B}} 「問題はそれ以前にあると思うんだけど」
<0220> \{Furukawa's Mom} "Yes?"
// \{古河・母} 「はい?」
<0221> \{\m{B}} "To begin with, the idea of putting a rice cookie inside a bread is wrong."
// \{\m{B}} 「そもそも、パンの中にせんべいなんてものを入れる発想自体が間違ってるってことだ」
<0222> \{Furukawa's Mom} "But... it's delicious, isn't it?"
// \{古河・母} 「でも…おいしいですよね?」
<0223> \{\m{B}} "It tasted awful."
// \{\m{B}} 「まずいから言ってるんだけど」
<0224> \{Furukawa's Mom} "........."
// \{古河・母} 「………」
<0225> Her eyes suddenly look like they're about to shed some tears...
// ぶわっと目に涙を浮かべた後…
<0226> Da! // *
// XCN: What is this supposed to be?  Random sound effect?
// だっ!
<0227> She turns away and runs.
// 背中を向けて、走り去った。
<0228> \{\m{B}} "Hey! Are you a kid!?"
// \{\m{B}} 「ガキかよ、おいっ!」
<0229> .........
// ………。
<0230> There's no one in the store again.
// 誰もいなくなった店内。
<0231> I stood there, dumbfounded.
// 俺がひとり、呆然と立ち尽くす。
<0232> \{\m{B}} (Did she say her parents are like this...?)
// \{\m{B}} (この親にして、この子あり、かよ…)
<0233> I don't need to remember such words. // *
// XCN: Unclear what he's getting at here; is he saying he CAN'T remember, or he really doesn't
// need to?  Because he's pretty clear that he WANTS to, as the situation becomes more comedic (for us)
// and desperate (for him).
// そんな言葉を思い出さずにはいられない。
<0234> Is her family really like that?
// 一体どんな家庭環境なのだろう、この家は。
<0235> ... I gradually became worried.
// …徐々に不安になってくる。
<0236> At least let me hope that her father is a more normal person.
// せめて、父親だけはまともであってほしいと願う。
<0237> \{Voice} "Hey, you, what the hell did you just do, asshole?!"
// \{声} 「おいおい、なんてことしてくれんだよ、てめぇ」
<0238> I hear a bloodthirsty voice.
// 殺気だった声がした。
<0239> I turn around, this time to see a man with fiery eyes standing there.
// 振り返ると、今度は目つきの悪い男が立っていた。
<0240> Could it be... that he's Furukawa's father?
// まさか…こいつが古河の父親なのだろうか。
<0241> He looks young just like his wife. It's like he grew up being a delinquent.
// 母親と同じで若い。まるで更正しそこなったまま大人になった不良、という感じだ。
<0242> \{Furukawa's Dad} "Come on, you should have said it was delicious while eating it!"
// \{古河・父} 「おめぇなぁ、うまいうまいって食ってりゃいいんだよ」
<0243> \{Furukawa's Dad} "That's obvious, isn't it? It's your obligation to do so, isn't it?"
// \{古河・父} 「それが義理だろ、人情だろ」
<0244> It's not like there's some kind of notice out there.
// 初対面で、そんなものない。
<0245> \{Furukawa's Dad} "Reality is always cruel."
// \{古河・父} 「真実ってのはいつも過酷なもんだからなぁ」
<0246> \{Furukawa's Dad} "How dare you expose her to reality just because her bread tasted a bit off?"
// \{古河・父} 「てめぇ、それをまんま突きつけちゃあ、可哀想だろ」
<0247> \{Furukawa's Dad} "What would you do if your parents told you that they found you under the bridge when you were just a kid?"
// \{古河・父} 「おまえだって、突然自分の親から、実はあなたは橋の下で拾った子供なの、なんて告白されてみろ」
<0248> \{Furukawa's Dad} "Your face would turn blue, right?"
// \{古河・父} 「ちったぁ、ブルーになるだろ。な」
<0249> \{Furukawa's Dad} "So go and tell her the bread was fine!"
// \{古河・父} 「だから、あいつのパンはうまいって言っておけ」
<0250> \{Furukawa's Dad} "Hey, answer me!"
// \{古河・父} 「おい、返事はどうした」
<0251> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0252> \{Furukawa's Dad} "I'm saying this because you're a customer; I won't treat you like a stranger."
// \{古河・父} 「客だからといって、他人ヅラさせねぇぞ」
<0253> \{Furukawa's Dad} "Residents around this area eat her bread, and they say it's delicious."
// \{古河・父} 「ここら一帯の住民はあいつのパンをうまいと言って食う」
<0254> \{Furukawa's Dad} "Everyone tacitly understands this; it's the law. It's the constitution!"
// \{古河・父} 「これは暗黙の了解だ。掟だ。法律だ」
<0255> It's irrational...
// 理不尽だ。
<0256> \{Furukawa's Dad} "Do it."
// \{古河・父} 「守れよ」
<0257> \{Furukawa's Dad} "If you don't, I'll beat the crap out of you."
// \{古河・父} 「じゃねえと、しばくぞ、こら」
<0258> I think I've come to some unbelievable house.
// とんでもない家に来てしまったと、俺は思う。
<0259> \{Furukawa's Dad} "Kaaah... there are plenty of leftovers today too."
// \{古河・父} 「かーっ、今日もよく余ってんな」
<0260> He grumbles as he looks around.
// 男が店内を見回して、ぼやいた。
<0261> And before me, he packs the stack of bread on the tray in a vinyl bag one by one.
// そして俺の目の前で、次々とトレイに積まれたパンをビニール袋に詰めていく。
<0262> \{Furukawa's Dad} "What the hell is this..."
// \{古河・父} 「なんじゃこらぁっ…」
<0263> \{Furukawa's Dad} "We only sold one of Sanae's Rice Cookie Bread!"
// \{古河・父} 「ひとつしか売れてないじゃねぇか、早苗のせんべえパンは」
<0264> That would be what I'm holding.
// そのひとつは俺の手の中だ。
<0265> \{Furukawa's Dad} "... I guess this will go to Isogai-san's house."
// \{古河・父} 「…こいつは磯貝さん家行きだなぁ」
<0266> I guess he'll give those to the neighbours. I feel sorry for them.
// 隣近所にお裾分けして回るのだろうか。迷惑な話だった。
<0267> \{Furukawa's Dad} "Kaaah... nobody bought these either!"
// \{古河・父} 「かーっ、こいつも売れてねぇなぁ!」
<0268> \{\m{B}} (I think I should run away right now...)
// \{\m{B}} (今のうちに、逃げるべきだな…)
<0269> I quietly step back, about to leave the store.
// 俺はそっと踵を返し、店を後にしようとした。
<0270> \{Furukawa's Dad} "Ah, hey, isn't that the same school uniform my daughter wears?"
// \{古河・父} 「あ、てめぇ、その制服、ウチの子と同じ学校のじゃねえ?」
<0271> ... He noticed.
// …気づかれた。
<0272> \{Furukawa's Dad} "Hey, wait."
// \{古河・父} 「おい、待てって」
<0273> \{\m{B}} "Yeah, you have a problem?"
// \{\m{B}} 「そうだよ、何かあんのか」
<0274> \{Furukawa's Dad} "Are you Nagisa's friend?"
// \{古河・父} 「てめぇ、渚の友達?」
<0275> \{\m{B}} "Yeah. You have any complaints?"
// \{\m{B}} 「ああ。文句あんのか」
<0276> \{Furukawa's Dad} "Tch... you should have said that earlier."
// \{古河・父} 「ちっ…それを早く言えっ」
<0277> \{Furukawa's Dad} "Hey, Sanae! We're going to go party tonight!"
// \{古河・父} 「おい、早苗っ! 今夜は盛大にいくぜっ!」
<0278> He approached me and put his hand on my shoulder.
// 近づいてきて、わっし、と肩を掴まれる。
<0279> \{\m{B}} "I'm going home!"
// \{\m{B}} 「帰るんだよ、俺はっ!」
<0280> And then, he suddenly drags me.
// そして、ずるずると引きずられていく。
<0281> ... With incredible strength.
// …ものすごい力で。
<0282> I was helpless.
// 抵抗の余地はなかった。
<0283> I can see the leftover breads were lined up on a narrow part of the table.
// テーブルの上には所狭しと、余り物のパンが並べられていた。
<0284> \{Sanae} "I'm sorry. I didn't know you were Nagisa's friend."
// \{早苗} 「すみません。渚のお友達だったなんて」
<0285> \{Sanae} "Aha... it's embarrassing. If I had known, I wouldn't have acted like that in front of you..."
// \{早苗} 「あは…恥ずかしいです。そうとわかってたら、あんな姿、見せなかったんですけど…」
<0286> Even though she's like that to the customers, huh.
// 客には見せまくっているらしい。
<0287> \{Furukawa's Dad} "Haha! Don't mind it Sanae. I've beaten his brains out."
// \{古河・父} 「はっは! 気にすんな、早苗。こいつは頭がイカれてるんだ」
<0288> \{Sanae} "You shouldn't say that in front of the customer."
// \{早苗} 「お客さんにそんなこと言ってはいけません」
<0289> Indeed.
// まったくだ。
<0290> \{Furukawa's Dad} "Even so, we're happy that Nagisa brought a friend of hers."
// \{古河・父} 「まぁ、なんにしてもめでたい。こんなに早く渚が友達連れてくるなんてなぁっ」
<0291> \{Sanae} "Moreover, it's a boy, Akio-san."
// \{早苗} 「それも男の子ですよ、秋生さん」
<0292> \{Akio} "What!? A boy you say!?"
// \{秋生} 「なぁにぃ!? 男だとぉ!?」
<0293> You only realized that \bjust\u now?
// 今、気づいたのか。
<0294> \{Sanae} "It could also mean he's her boyfriend."
// \{早苗} 「もしかしたら、ボーイフレンドかもしれませんね」
<0295> \{Akio} "Kah! As if I'll give Nagisa to a weakling like you! Go home! Scram!"
// \{秋生} 「かぁっ、こんな優男に渚を渡せるかっ、帰れ、帰れっ!」
<0296> \{\m{B}} "I'll be going home then."
// \{\m{B}} 「じゃ、帰ります」
<0297> \{Akio} "Hey! And you still call yourself a man?! If you are, you should take her by force!"
// \{秋生} 「こらぁっ、それでも男かっ! 男なら、力づくでも奪っていくもんだろうがぁ!」
<0298> \{Akio} "But even then, I won't give her up!"
// \{秋生} 「といっても、渡さんがなっ!」
<0299> \{\m{B}} "Make up your mind already..."
// \{\m{B}} 「どっちだよ…」
<0300> \{Sanae} "Well then, please help yourself."
// \{早苗} 「さぁ、たぁんと召し上がってくださいねっ」
<0301> Furukawa's mother smiles as she offers me a bread.
// 古河母が、にこにこと微笑みながらパンを薦めてくる。
<0302> \{Sanae} "The bread here is quite popular. I think it is delicious."
// \{早苗} 「こっちのパンは、人気あるんですよ。とてもおいしいと思います」
<0303> Furukawa's father suddenly looks straight at me with stern eyes.
// きらん、と古河父の眼光が俺を射る。
<0304> ... Everyone tacitly understands this;\p it's the law.\p It's the constitution!
// …暗黙の了解。\p掟。\p法律。
<0305> What a creepy house...
// 嫌な家だ…。
<0306> \{Voice} "I'm home!"
// \{声} 「ただいまかえりましたー」
<0307> \{Akio} "Oh!"
// \{秋生} 「おっ」
<0308> \{Akio} "The princess has arrived!"
// \{秋生} 「お姫様のお帰りだ」
<0309> It seems that Furukawa has finally arrived.
// ようやく古河が帰ってきたようだった。
<0310> I'm saved... \por not?
// 助かった…\pのか?
<0311> \{Furukawa} "Just as I thought... it went well."
// \{古河} 「やっぱりもう仲良しになってます」
<0312> \{Akio} "Yeah, leave it to me, darling!"
// \{秋生} 「おぅ、任せておけ、娘よ」
<0313> \{Sanae} "We wouldn't want Nagisa's friend to be bored."
// \{早苗} 「渚の友達を退屈させるなんてことはしませんっ」
<0314> The three people combine their hands together.
// ぐっ、と拳を付き合わせる三人。
<0315> I was spacing out, watching that stupid scene.
// 俺はぼぉ~っと、アホのようにその光景を見ていた。
<0316> \{Akio} "You know, you're looking pretty stupid."
// \{秋生} 「どうした、アホづらしやがって」
<0317> \{\m{B}} "I was just thinking that I shouldn't have anything to do with this family."
// \{\m{B}} 「いや、この家族には関わらないべきなんだろうなぁ、と思って」
<0318> \{Akio} "Haha! As you can see, we can already make harsh jokes about each other!"
// \{秋生} 「はっは! すでにこの通り、ちょっとキツめのギャグも言い合える仲だぜ」
<0319> \{Furukawa} "That's great."
// \{古河} 「よかったです」
<0320> Furukawa seems to be glad from the bottom of her heart.
// 古河は心底喜んでいるようだった。
<0321> I guess this is what family is about... \pI think.
// これが家族なんだろう…\pそう思った。
<0322> \{Furukawa} "Are we going to eat bread for dinner?"
// \{古河} 「今日の晩ご飯は、パンですか?」
<0323> \{Akio} "No, this is a celebration. We won't let him leave early."
// \{秋生} 「いや、これはお祝いだからな。こいつに持って帰らせりゃいい」
<0324> \{Furukawa} "I'm going to cook dinner, since I've bought the ingredients."
// \{古河} 「じゃあ、材料買ってきましたから、作ります」
<0325> \{Sanae} "Please get along while you wait."
// \{早苗} 「ふたりで仲良く待っててくださいねっ」
<0326> Furukawa leaves, with her mother following behind.
// 古河の後を古河母が追った。
<0327> \{Akio} "........."
// \{秋生} 「………」
<0328> I'm alone with her father...
// 古河父とふたりきりになる…。
<0329> \{Akio} "They cook normal food for dinner, so don't worry."
// \{秋生} 「夕飯はまともなもんがでる。安心しろ」
<0330> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0331> ... I guess I'm out of harm's way for now.
// …逃げ損ねたようだった。
<0332> \{Furukawa} "We had fine meat, so we made pork cutlet."
// \{古河} 「いいお肉があったので、トンカツにしました」
<0333> \{Furukawa} "Pork cutlet takes work, but it's delicious."
// \{古河} 「トンカツ、手抜きっぽいですけど、おいしいですから」
<0334> \{Furukawa} "You add a lot cabbage in like this and mix it with sauce."
// \{古河} 「こうやって、千切りのキャベツいっぱい付け合わせて、一緒にソースかけて」
<0335> I guess this is Furukawa's real personality.
// これが本来の古河の姿。
<0336> She talks a lot.
// よく喋っていた。
<0337> She changed so much just by being with her family.
// こんな家族でもいるだけで、これだけ変わるのだ。
<0338> I couldn't even bring out half of that from her.
// 俺は、彼女が本来持つ明るさの半分も引き出せていないだろう。
<0339> I feel rather inferior.
// 無性に腹が立つ。
<0340> ... I lost to her family.
// …こんな家族に負けている自分が。
<0341> \{\m{B}} (But we did just meet...)
// \{\m{B}} (つっても、会ったばかりだもんな…)
<0342> \{\m{B}} (So I will have plenty of other opportunities...)
// \{\m{B}} (まだまだこれからか…)
<0343> \{\m{B}} (Wait, why am I being so competitive?)
// \{\m{B}} (…って、なに対抗意識を燃やしてるんだよ、俺は)
<0344> \{Akio} "Delicious!"
// \{秋生} 「うめぇなぁ」
<0345> \{Furukawa} "Really? I'm so glad!"
// \{古河} 「本当ですか? よかったです」
<0346> \{Akio} "The young one also agrees, right?"
// \{秋生} 「な、若造もそう思うだろ」
<0347> \{Sanae} "By the way, we haven't asked you your name."
// \{早苗} 「そういえば、お名前聞いてなかったですね」
<0348> \{Furukawa} "He's \m{A}, \m{A} \m{B}."
// \{古河} 「\m{A}さんです。\m{A}\m{B}さん」
<0349> \{Akio} "Kaaah! That's a pretty bland name."
// \{秋生} 「かぁっ、みみっちぃ名前だな、おい」
<0350> \{Akio} "Let's change it to \m{A} Galaxy! The scale will become huge, right?"
// \{秋生} 「\m{A}銀河とかにしとけ。スケールでかいだろ」
<0351> \{Sanae} "That's a good idea. Is it alright if we call you Galaxy-san?"
// \{早苗} 「いいですねっ。銀河さん、てお呼びしていいですか?」
<0352> \{\m{B}} "Of course it's not; my name is \m{B}."
// \{\m{B}} 「いいわけないだろっ、俺の名は、\m{B}だ」
<0353> \{Akio} "If that's it, then let's change your family name to Universe, Universe \m{B}. It's huge again, right?"
// \{秋生} 「そうしたら、あれだ。名字を大宇宙にしろ。大宇宙\m{B}だ。こらまたでけぇだろ」
<0354> \{Sanae} "That's a good idea. Is it alright if we call you Universe-san?"
// \{早苗} 「いいですねっ。大宇宙さんと呼んでいいですか?」
<0355> \{\m{B}} "My name is \m{A}..."
// \{\m{B}} 「俺の名は\m{A}だ…」
<0356> \{Akio} "Tch, you're such a stingy person. Sanae, have any ideas?"
// \{秋生} 「いちいちケチつける奴だな。早苗、いい案ないのか」
<0357> \{Sanae} "Yes... how about calling him Cosmic \m{B}?"
// \{早苗} 「うーん…コズミック\m{B}というのはどうでしょう」
<0358> \{Akio} "Gahahaha! That's the best!"
// \{秋生} 「がーはっはっは! それ、最高だっ」
<0359> \{Sanae} "Is it alright if we call you Cosmic-san?"
// \{早苗} 「コズミックさんと呼んでもいいですか?」
<0360> \{\m{B}} "I said I'm \m{A}..."
// \{\m{B}} 「\m{A}だっての…」
<0361> \{Akio} "Hey, Cosmic. How is Nagisa's school life?"
// \{秋生} 「なぁ、コズミック。渚の学校での生活ぶりはどうだ」
<0362> \{\m{B}} "It's \m{A}..."
// \{\m{B}} 「\m{A}だ…」
<0363> \{Furukawa} "Ehehe."
// \{古河} 「えへへ」
<0364> Furukawa laughs, as if she knew it was all a joke from the beginning.
// 冗談だとわかっているのだろう、終始、古河は笑っていた。
<0365> And she seems really happy...
// それは本当に幸せそうで…
<0366> \{Akio} "Hey, Cosmo."
// \{秋生} 「な、コスモっ」
<0367> \{\m{B}} "You changed it..."
// \{\m{B}} 「変わってるし…」
<0368> \{Akio} "What...?"
// \{秋生} 「なにぃ…」
<0369> \{Akio} "What? Isn't that a really big name..."
// \{秋生} 「なかなかスケールがでけぇ名前じゃねぇか…」
<0370> \{Akio} "But no matter how you look at it, it's a losing name."
// \{秋生} 「だが、どう見ても、名前負けしているな」
<0371> \{Akio} "I'll think of a suitable name for you."
// \{秋生} 「俺が相応しい名前を考えてやろう」
<0372> \{Akio} "How about Palmtop \m{A} \m{B}?" // I must be reading too much Toradora to make such an amendment.
// \{秋生} 「手乗り\m{A}\m{B}でどうだ」
<0373> Am I a pet?
// 俺はペットか。
<0374> \{Akio} "No matter how long you hide it, it will always be in the palm of your hands."
// \{秋生} 「どれだけでかくても所詮、手のひらの上ってわけさ」
<0375> \{Sanae} "That's rude of you, Akio-san."
// \{早苗} 「それは失礼ですよ、秋生さんっ」
<0376> \{Akio} "Think of a suitable name, then."
// \{秋生} 「じゃあ、てめぇが相応しい名前を考えてやれよ」
<0377> \{Sanae} "Anyway, it doesn't need to be a big one, it just needs to transcend the flow of time..." //... uh, is this from CCA? ;)
// \{早苗} 「そうですね、大きいだけではなく、時間の流れも超越した存在という意味で…」
<0378> \{Sanae} "So it's \m{A} \m{B} Eternal."
// \{早苗} 「\m{A}\m{B}エターナル」
<0379> \{Akio} "Fantastic idea, Sanae!"
// \{秋生} 「早苗、おまえのセンス最高だ」
<0380> \{Sanae} "Is it alright if we call you \m{A} \m{B} Eternal-san?"
// \{早苗} 「\m{A}\m{B}エターナルさんと呼んでもいいですか?」
<0381> \{\m{B}} "My name is \m{A} \m{B}..."
// \{\m{B}} 「俺の名は\m{A}\m{B}だ…」
<0382> \{Akio} "That's right, let's add something so only the amazing people can control you."
// \{秋生} 「後は、そうだ、すげぇ奴しか操縦できないという意味も付け加えよう」
<0383> \{Akio} "So it will be \m{A} \m{B} Eternal: Aznable Custom."
// The original text in fact, says Char Aznable Custom, but the voice only says Aznable Custom.
// \{秋生} 「\m{A}\m{B}エターナル・シャア専用」
<0384> \{Sanae} "Is it alright if we call you \m{A} \m{B} Eternal: Aznable Custom-san?"
// The original text in fact, says Char Aznable Custom, but the voice only says Aznable Custom.
// \{早苗} 「\m{A}\m{B}エターナル・シャア専用さんと呼んでもいいですか?」
<0385> \{Akio} "Hey, I think that's too long."
// \{秋生} 「なげぇな、おい」
<0386> \{Sanae} "That's right. To abbreviate it, let's change it to Aznable-san."
// The original text in fact, says Char, but the voice only says Aznable Custom.
// \{早苗} 「そうですね。では略して、シャアさんです」
<0387> \{\m{B}} "That wouldn't be me..."
// \{\m{B}} 「それは俺ではない…」
<0388> \{Akio} "Hey, Aznable. How is Nagisa's school life?"
// \{秋生} 「なぁ、シャア。渚の学校での生活ぶりはどうだ」
<0389> \{\m{B}} "It's \m{A}..."
// \{\m{B}} 「\m{A}だ…」
<0390> \{Furukawa} "Ehehe."
// \{古河} 「えへへ」
<0391> Furukawa laughs, as if she knew it was all a joke from the beginning.
// 冗談だとわかっているのだろう、終始、古河は笑っていた。
<0392> And she seems really happy...
// それは本当に幸せそうで…
<0393> \{Akio} "Hey, Red Comet."
// \{秋生} 「な、赤い彗星っ」
<0394> \{\m{B}} "You changed it..."
// \{\m{B}} 「変わってるし…」
<0395> \{Akio} "That's right, let's add something, like a subtitle when a series reaches a climactic point."
// \{秋生} 「後は、そうだ、シリーズ最高峰っぽいサブタイトルを付けよう」
<0396> \{Akio} "So it's \m{A} \m{B} Eternal III: Treasure of the Dragon Valley."
// \{秋生} 「\m{A}\m{B}エターナル■■ドラゴン谷の秘宝■」
<0397> What a load of crap.
// すげぇクソゲーっぽい。
<0398> \{Sanae} "That's long, isn't it..."
// \{早苗} 「長いですね…」
<0399> \{Sanae} "Is it alright if we call you by your shortened name, Dragon Valley-san?"
// \{早苗} 「短くしてドラゴン・谷さんとお呼びしてもいいですか?」
<0400> \{\m{B}} "You wouldn't be addressing me with that, would you?"
// \{\m{B}} 「それ俺じゃないから」
<0401> \{Akio} "Hey, Valley. How is Nagisa's school life?"
// \{秋生} 「なぁ、谷。渚の学校での生活ぶりはどうだ」
<0402> \{\m{B}} "It's \m{A}..."
// \{\m{B}} 「\m{A}だ…」
<0403> \{Furukawa} "Ehehe."
// \{古河} 「えへへ」
<0404> Furukawa laughs, as if she knew it was all a joke from the beginning.
// 冗談だとわかっているのだろう、終始、古河は笑っていた。
<0405> And she seems really happy...
// それは本当に幸せそうで…
<0406> \{Akio} "Hey, Tony."
// \{秋生} 「な、トニーっ」
<0407> \{\m{B}} "You changed it..."
// \{\m{B}} 「変わってるし…」
<0408> I looked carefully at this family.
// 俺はそんな家族の姿をじっと見ていた。
<0409> \{Furukawa} "It's became this late, but... did you enjoy it?"
// \{古河} 「こんなに遅くなっちゃいましたけど…良かったですか」
<0410> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0411> \{Furukawa} "\m{A}-san?"
// \{古河} 「\m{A}さん?」
<0412> \{\m{B}} "... It was kinda strange."
// \{\m{B}} 「…なんか不思議だった」
<0413> \{Furukawa} "Huh? What was strange?"
// \{古河} 「え? なにがです?」
<0414> \{\m{B}} "Knowing that such a family exists. One that gets along so well."
// \{\m{B}} 「こんな家族もいるんだなって。すんげぇ仲いいよな」
<0415> \{Furukawa} "Is that so?"
// \{古河} 「そうですか?」
<0416> She seems to think it's all normal to her.
// 本人は至って普通だと思っているようだった。
<0417> While I was standing there, I felt uneasy and somewhat embarrassed.
// しばらくその中に居た俺は、居心地の悪さと同時に、何かもどかしい恥ずかしさを覚えていた。
<0418> I wonder what kind of feeling it was.
// あの感覚はなんだったのだろうか。
<0419> I suddenly got thrown into a place I wasn't supposed to be... and got treated like a child...
// いきなり場違いな場所に放り込まれて…子供扱いをされて…
<0420> I wonder what I was feeling.
// 俺は一体何を感じていたのだろうか。
<0421> The time I spent together with Furukawa's family and up until now.
// 古河の家族と過ごしていた今さっきまでの時間。
<0422> The atmosphere is too different, as if they belong in a different world.
// それが別の世界の出来事のように思われるような、あまりに違いすぎる空気。
<0423> The mood has become too heavy.
// 気分が重くなる。
<0424> I begin to feel tired, I just want to sleep.
// ただ、静かに眠りたい。
<0425> \{\m{B}} (That's all...)
// \{\m{B}} (それだけなのにな…)
<0426> My living room.
// 居間。
<0427> My old man is sitting and curled up in the corner.
// その片隅で親父は背を丸めて、座り込んでいた。
<0428> Tormenting himself with resentment.
// 同時に激しい憤りに苛まされる。
<0429> \{\m{B}} "Hey, Pops. If you're going to sleep, you should lie down."
// \{\m{B}} 「なぁ、親父。寝るなら、横になったほうがいい」
<0430> I told him that quietly, making sure he wouldn't get angry.
// やり場のない怒りを抑えて、そう静かに言った。
<0431> \{Father} "........."
// \{親父} 「………」
<0432> He didn't reply though.
// 返事はない。
<0433> Is he sleeping? Or is he only pretending not to hear...
// 眠っているのか、それともただ聞く耳を持たないだけか…。
<0434> Even I can't tell the difference.
// その違いは俺にもよくわからなくなっていた。
<0435> \{\m{B}} "Hey, Dad."
// \{\m{B}} 「なぁ、父さん」
<0436> I tried changing the way I call him.
// 呼び方を変えてみた。
<0437> \{Father} "........."
// \{親父} 「………」
<0438> He slowly raised his head and opened his watery eyes.
// ゆっくりと頭を上げて、薄く目を開けた。
<0439> He then looked at me.
// そして、俺のほうを見る。
<0440> I wonder how my face looks in his eyes...
// その視界に俺の顔はどう映っているのだろうか…。
<0441> Perhaps as a face that belongs to his son...
// ちゃんと息子としての顔で…
<0442> \{Father} "Oh... well what do we have here..."
// \{親父} 「これは…これは…」
<0443> \{Father} "It seems that I've bothered you again, \m{B}-kun..."
// \{親父} 「また\m{B}くんに迷惑をかけてしまったかな…」
<0444> The scenery before my eyes suddenly turned red.
// 目の前の景色が、一瞬真っ赤になった。
<0445> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0446> And then, as always, I storm out of the house.
// そして俺はいつものように、その場を後にする。
<0447> And from behind me, I continue to hear him call my name.
// 背中からは、すがるような声が自分の名を呼び続けていた。
<0448> ... With -kun attached to it.
// …くん付けで。
<0449> I wonder what I planned to do by coming here...
// こんなところに来て、俺はどうしようというのだろう…
<0450> I probably just wanted to have a walk. // *
// XCN: That's a pretty flat way to describe what he's doing.  "I probably just wanted to get away from
// there"?  "I probably just wanted to walk [the anger] off"?  What is he getting at here?
// どうしたくて、ここまで歩いてきたのだろう…
<0451> I feel like I'm missing a feeling. // *
// XCN: Changed "I am" to "I'm".  The phrasing still feels wrong.  "Missing" can mean literally
// not having the feeling (as in, not being able to feel it at all), or wanting a feeling to return;
// it's too ambiguous.
// 懐かしい感じがした。
<0452> It's a feeling of kindness, that I used to know. // *
// XCN: Rephrasing.
// orig TL: This feeling is the kindness I used to know.
// ずっと昔、知った優しさ。
<0453> I shouldn't have known such a feeling.  // *
// XCN: Again, what is he getting at?  He doesn't feel like he deserves to feel kindness?
// そんなもの…俺は知らないはずなのに。
<0454> Even still, I really miss that feeling.
// それでも、懐かしいと感じていた。
<0455> Just short time ago, I experienced it.  // *
// XCN: Rephrasing.
// prev TL: Just a while ago, I had been experiencing it.
// 今さっきまで、すぐそばでそれを見ていた。
<0456> When Furukawa's parents treated me like a kid, it felt like I had returned to the days when I was younger...
// 子供扱いされて…俺は子供に戻って…
<0457> A tantalizing feeling.
// それをもどかしいばかりに、感じていたんだ。
<0458> .........
// ………。
<0459> "If you wish..."
// Orig: "If it's alright..."
// 「もし、よろしければ…」
<0460> There was a voice just behind me.
// すぐ後ろで声がした。
<0461> I turn around.
// 俺は振り返る。
<0462> And there was a girl.
// そこには…ひとりの少女がいた。
<0463> Looking as pure as ever.
// 気高くも、無垢な。
<0464> \{Furukawa} "Would you..."
// あなた="you"
// \{古河} 「あなたを…」
<0465> She spins her words. // *
// XCN: Is there a better translation for this than "spin"?  Because "spinning words" generally
// means "spin doctoring", which has negative connotations in English (and is NOT what she's
// actually doing).
// Hmm... "Craft"? "Weave"? (From Google Translate) We should also replace other "spins" e.g. Sunohara rap --Polarem
// 言葉を紡ぐ。
<0466> \{Furukawa} "Would you like me to take you?"
// Orig: "Shall I accompany you?"
// \{古河} 「あなたを、お連れしましょうか」
<0467> She slowly closes her eyes...
// ゆっくりと目を閉じ…
<0468> \{Furukawa} "To the place in this town where wishes come true."
// \{古河} 「この町の願いが叶う場所に」
<0469> That's what she said.
// そう告げていた。
<0470> She looks like a small angel, from another world. // *
// XCN: Replaced "foreign" with "another"
// prev TL: She looks like a small angel from a foreign world.
// 小さな…異世界からの使者が。
<0471> Inside this tight atmosphere...
// 張りつめる空気の中で。
<0472> In a place that's closest to its entrance. // *
// XCN: I don't get this at all.  Yeah, he's tense because of his father, but what's all
// this about an entrance?  What the heck is that referring to?
// 一番、その入り口に近い場所で。
<0473> \{\m{B}} "Ah..."
// \{\m{B}} 「あ…」
<0474> My voice sounds strained, and it feels like my body is paralyzed. // *
// XCN: Changed "felt" to "sounded".  Also changed to present tense (because this is
// a current event, not a memory).
// prev TL: My voice sounded strained, and it felt like my body was paralyzed.
// 俺は声を振り絞る。金縛りにあったような、その体で。
<0475> \{\m{B}} "Yeah..."
// \{\m{B}} 「ああ…」
<0476> I reply with a trembling voice.
// 震える声で…答えていた。
<0477> She opens her eyes again.
// 彼女が目を開く。
<0478> And then...
// そして…
<0479> \{Furukawa} "What are you doing here?"
// \{古河} 「こんなところで、なにしてるんですか」
<0480> Her usual face has returned.
// いつもの顔に戻っていた。
<0481> Absolutely pure.
// ただただ無垢な。
<0482> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0483> \{\m{B}} "Well... nothing..."
// \{\m{B}} 「いや…別に」
<0484> \{Furukawa} "It's strange. Didn't you go home just a while ago?"
// \{古河} 「不思議です。さっき家に帰りました」
<0485> \{\m{B}} "Yeah, I did..."
// \{\m{B}} 「そうだな…」
<0486> \{Furukawa} "Do you have something to do?"
// \{古河} 「家にご用ですか?」
<0487> \{\m{B}} "No, not really..."
// \{\m{B}} 「いや、別に…」
<0488> I feel calm again.
// もう俺は冷静だった。
<0489> \{\m{B}} "It's just that I went home too early..."
// \{\m{B}} 「ただ帰るには時間が早すぎたからさ…」
<0490> \{Furukawa} "But it's already this late..."
// \{古河} 「だって、もうこんな時間…」
<0491> \{Furukawa} "Ah, I forgot that you're a delinquent, \m{A}-san."
// \{古河} 「あ、不良さんでしたね。\m{A}さんは」
<0492> \{\m{B}} "Yeah, I'm a delinquent."
// \{\m{B}} 「ああ。不良なんだ」
<0493> \{Furukawa} "It seems hard to be a delinquent."
// \{古河} 「大変そうです、不良」
<0494> \{\m{B}} "It's alright, since you can do whatever you like."
// \{\m{B}} 「好きでやってるからいいんだよ」
<0495> \{Furukawa} "But it seems that you have spare time."
// \{古河} 「でも、暇そうです」
<0496> \{\m{B}} "Anyway, what are you doing here? Out shopping again?"
// \{\m{B}} 「古河のほうこそ何してたんだよ。また買い出しか?」
<0497> \{Furukawa} "No."
// \{古河} 「いえ」
<0498> She clearly gives that answer. // *
// XCN: Needs rephrasing for flow.
// きっぱりと否定して、答える。
<0499> \{Furukawa} "I was practicing drama."
// \{古河} 「演劇の練習です」
<0500> Ah, I see.
// なるほど、と納得する。
<0501> \{Furukawa} "I always practice at the park every night."
// \{古河} 「いつも、夜の公園で、練習してるんです」
<0502> \{\m{B}} "Isn't it dangerous here at this time?"
// \{\m{B}} 「こんなに遅くに…危なくないか?」
<0503> \{Furukawa} "I was just a little late for today. I usually go home earlier, so it's alright."
// \{古河} 「今日はちょっと遅かったです。いつもはもっと早いです。だから大丈夫です」
<0504> \{Furukawa} "You were here when I came back, so I decided to show you a little bit of my acting."
// \{古河} 「それで、戻ってきたら、\m{A}さんがいましたから、ちょっと演技見てもらいました」
<0505> \{\m{B}} "I see..."
// \{\m{B}} 「そっか…」
<0506> \{Furukawa} "I'd be happy if I could hear your opinion."
// \{古河} 「何か感想もらえるとうれしいです」
<0507> \{\m{B}} "Okay then..."
// \{\m{B}} 「そうだな…」
<0508> If that was acting... she deserves praise.
// もしあれが演技なのであれば…褒めるに値するものなのだろう。
<0509> But I couldn't find a word that would compliment her.
// でも、褒め言葉が見つからない。
<0510> \{\m{B}} "Just go home already."
// \{\m{B}} 「早く帰れよ」
<0511> \{Furukawa} "........."
// \{古河} 「………」
<0512> \{Furukawa} "... I don't think I'll be going to school tomorrow."
// \{古河} 「…明日は学校休むと思います」
<0513> \{\m{B}} "It was a joke, silly. Don't take it so seriously, or you'll feel down."
// \{\m{B}} 「ばか、冗談だ。真に受けて、勝手にうちひしがれるんじゃない」
<0514> \{Furukawa} "Your jokes are harsh, \m{A}-san...."
// \{古河} 「\m{A}さん、冗談がきついです」
<0515> \{Furukawa} "You almost made me cry."
// \{古河} 「涙出てきました」
<0516> She starts wiping the tip of her eyes with her finger.
// 目の端を指で拭い始める。
<0517> She looks like a kid.
// 幼い子供のようだった。
<0518> \{Furukawa} "\m{A}-san, are you still going somewhere before going home?"
// \{古河} 「\m{A}さん、まだ帰らずにどこかいくんですか?」
<0519> \{\m{B}} "Yeah, that's the plan."
// \{\m{B}} 「ああ、そのつもりだけど」
<0520> \{Furukawa} "You'll be late again tomorrow."
// \{古河} 「明日、また遅刻します」
<0521> \{\m{B}} "Maybe so..."
// \{\m{B}} 「かもな…」
<0522> \{\m{B}} "But it's alright, I'm a delinquent."
// \{\m{B}} 「でも、いいだろ。不良なんだから」
<0523> \{Furukawa} "Is that really true?"
// \{古河} 「それは、本当にそうなんですか」
<0524> \{Furukawa} "I don't believe it."
// \{古河} 「今も信じられないです」
<0525> \{Furukawa} "You don't seem like a delinquent at all."
// \{古河} 「\m{A}さん、ぜんぜん不良のひとっぽくないです」
<0526> \{\m{B}} "I'm a delinquent at heart."
// \{\m{B}} 「中にはそういう不良もいるんだ」
<0527> \{Furukawa} "You told me you're on bad terms with your father."
// \{古河} 「お父さんと喧嘩してるって、そう言いました」
<0528> \{\m{B}} "Yeah, I did."
// \{\m{B}} 「ああ、言った」
<0529> \{Furukawa} "Doesn't that have something to do with it?"
// \{古河} 「それと関係ないですか」
<0530> \{Furukawa} "You're on bad terms with your father, so you go outside and walk around, until he falls asleep..."
// XCN: Added "around," in order to break up the sentence a bit.
// \{古河} 「お父さんと顔を合わせると喧嘩になるから、お父さんが寝静まるまで外を歩いて…」
<0531> \{Furukawa} "Because of that, you're late plenty of times, and then rumours spread that you're a delinquent." // *
// XCN: Replaced "With" with "Because of".  I'd also like to see "plenty of times" rephrased by a
// translator.
// \{古河} 「それで遅刻多くなって、みんなから不良って噂されるようになって…」
<0532> \{Furukawa} "Am I wrong?"
// \{古河} 「違いますか」
<0533> She's sharp.
// なんて鋭いのだろう。
<0534> Or perhaps it's because my personal history was quite easy to imagine.
// あるいは、安易に想像がつくほど、俺は身の上を話してしまっていたのか。
<0535> \{\m{B}} "You're wrong."
// \{\m{B}} 「違うよ」
<0536> I positively answered and acted like a carefree delinquent in front of her.
// 俺は肯定しなかった。こいつの前では、悩みのない不良でいたかった。
<0537> \{Furukawa} "Am I really wrong?"
// \{古河} 「本当に、違いますか?」
<0538> \{\m{B}} "We don't know each other that much yet... but you can guess really well."
// \{\m{B}} 「まだお互いのことよく知らないってのに…よくそんな想像ができるもんだな」
<0539> \{Furukawa} "I can. I know because it's you, \m{A}-san."
// \{古河} 「できます。そうさせるのは…\m{A}さん自身ですから」
<0540> \{Furukawa} "And I think there's a reason for you acting like that..."
// \{古河} 「きっと何か理由があるんだって、そう…」
<0541> \{Furukawa} "That's what I thought."
// \{古河} 「そう、思いました」
<0542> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0543> \{\m{B}} "If that's really the case..."
// \{\m{B}} 「もし、そうだとしたら…」
<0544> \{\m{B}} "What do you plan on doing?"
// \{\m{B}} 「あんたはどうするつもりなんだ」
<0545> I asked her that.
// 訊いてみた。
<0546> \{Furukawa} "You're the person who gave me courage, so..."
// \{古河} 「\m{A}さんは…わたしを勇気づけてくれた人ですから…」
<0547> \{Furukawa} "I want to be your strength too."
// \{古河} 「だからわたしも力になりたいです」
<0548> \{Furukawa} "I want to give you courage."
// \{古河} 「勇気をあげたいです」
<0549> \{\m{B}} "Courage to fight against my father...?"
// \{\m{B}} 「父親に立ち向かう、か…?」
<0550> \{Furukawa} "You can't do that. If you fight, you won't get along..."
// \{古河} 「それはダメです。立ち向かったりしたら…分かり合わないと」
<0551> \{\m{B}} "What will I do then?"
// \{\m{B}} 「どうやって」
<0552> \{Furukawa} "Well..."
// \{古河} 「それは…」
<0553> \{Furukawa} "It may take a very long time."
// \{古河} 「とても、時間のかかることです」
<0554> \{\m{B}} "Right. We have plenty of time."
// \{\m{B}} 「だろうな。長い時間がいるんだろうな」
<0555> \{\m{B}} "Because we're still kids."
// \{\m{B}} 「俺たちは、子供だから」
<0556> I look into the distance at the evening cloud, that reflects the faint moonlight above the roof.
// XCN: Added comma.
// 俺は遠くを見た。屋根の上に月明かりを受けて鈍く光る夜の雲があった。
<0557> \{Furukawa} "If it's alright with you... would you like to live in my house?"
// \{古河} 「もしよければ…わたしの家にきますか」
<0558> Furukawa began speaking.
// 古河がそう切り出していた。
<0559> She made that proposal with all her heart.
// それは、短い時間で一生懸命考えた末の提案なのだろう。
<0560> \{Furukawa} "I think it's alright to be separated from each other for a bit."
// \{古河} 「少し距離を置いて、お互いのこと、考えるといいと思います」
<0561> \{Furukawa} "There are only two people in your family, so... it will be lonely if you're separated."
// \{古河} 「おふたりは家族です…だから、距離を置けば、絶対に寂しくなるはずです」
<0562> \{Furukawa} "If that happens, he will remember you as someone he loved..."
// XCN: Replaced "recall" with "remember"
// \{古河} 「そうすれば、相手を好きだったこと思い出して…」
<0563> \{Furukawa} "And then, next time you meet, I think you will be able to talk freely to each other."
// \{古河} 「次会ったときには、ゆっくりと話し合うことができると思います」
<0564> \{Furukawa} "Besides, it's best to sleep when night comes so you won't be late to school."
// \{古河} 「それに、ちゃんと夜になったら寝られて、学校も遅刻しないで済みます」
<0565> \{Furukawa} "It's killing two birds with one stone."
// \{古河} 「一石二鳥です」
<0566> She's doing her best talking a lot.
// 頑張って、たくさん喋っていた。
<0567> \{Furukawa} "How about it? \m{A}-san?"
// \{古河} 「どうでしょうか、\m{A}さん」
<0568> \{Furukawa} "Do you want to?"
// \{古河} 「\m{A}さんは、そうしたいですか」
<0569> I want to do that. // Option 1 - to 0571
// そうしたい
<0570> I don't need to do that. // Option 2 - to 0583
// そんなわけにはいかない
<0571> \{\m{B}} "Yeah, you're right..." // Option 1 - from 0569
// \{\m{B}} 「ああ、そうだな…」
<0572> \{\m{B}} "It'd be good if I could do that."
// \{\m{B}} 「そうできたら、いいな」
<0573> \{Furukawa} "Let's do it then."
// \{古河} 「はい。そうしましょう」
<0574> \{\m{B}} "Idiot..."
// \{\m{B}} 「馬鹿…」
<0575> \{\m{B}} "You trust people too much."
// \{\m{B}} 「おまえは人を簡単に信用しすぎだ」
<0576> I turned my back to her.
// 俺は背中を向ける。
<0577> \{Furukawa} "Because you spoke to a person like me, \m{A}-san..."
// \{古河} 「\m{A}さんは、こんなわたしに声をかけてくれたひとですからっ…」
<0578> A fine voice.
// 張りつめた声。
<0579> \{Furukawa} "And you said you'd help me find drama club members..."
// \{古河} 「一緒に演劇部の部員、集めてくれるって、言ってくれたひとですから…」
<0580> \{Furukawa} "That's all I need to label you as a good person."
// \{古河} 「それだけで、わたしには十分、いいひとです」
<0581> I started walking.
// 俺は歩き始めていた。
<0582> I don't hear her voice anymore. // To SEEN0417
// もう、続きの声は聞こえてこなかった。
<0583> \{\m{B}} "There's no way that would work..." // Option 2 - from 0570
// \{\m{B}} 「んなわけにいくか…」
<0584> \{Furukawa} "Why not?"
// \{古河} 「どうしてでしょうか」
<0585> \{\m{B}} "You just met me not long ago, I'm a student with a bad behavior, and I'm a guy."
// \{\m{B}} 「俺は出会って間もない奴で、素行の悪い生徒で、しかも男だ」
<0586> \{\m{B}} "Living with such a person is like telling him to do whatever he likes."
// \{\m{B}} 「んな奴と暮らそうなんて、好き勝手してくださいって言ってるようなもんだぞ」
<0587> \{Furukawa} "I don't really mind if you do whatever you like."
// \{古河} 「別に…好き勝手してもらって構わないですけど」
<0588> \{\m{B}} "........."
// \{\m{B}} 「………」
<0589> \{\m{B}} "... Can you tell me what do you mean by that?"
// \{\m{B}} 「…それ、どういう意味で言ってる?」
<0590> \{Furukawa} "... Eh?"
// \{古河} 「…え?」
<0591> Oh man... she doesn't understand.
// まったくわかっていない。
<0592> \{\m{B}} "Don't say that again."
// \{\m{B}} 「二度と言うな」
<0593> \{Furukawa} "Well... what is it?"
// \{古河} 「ええと…何をでしょう」
<0594> \{\m{B}} "Everything. About giving me a shelter and letting me do whatever I want."
// \{\m{B}} 「全部だ。俺を家に泊めようだとか、好きにしてもいいだとか」
<0595> \{Furukawa} "Ah, yes... I understand."
// \{古河} 「あ、はい…わかりました」
<0596> \{Furukawa} "........."
// \{古河} 「………」
<0597> \{Furukawa} "I seems I've said something I shouldn't have... I'm sorry."
// \{古河} 「なんか…余計なこと言ってしまったみたいで…ごめんなさいです」
<0598> She looks down.
// 頭を下げた。
<0599> ... I don't want to see that appearance.
// …そんな姿見てたくなかった。
<0600> \{\m{B}} "No, it's alright."
// \{\m{B}} 「いや、別にいいよ」
<0601> \{\m{B}} "Well, I'm going."
// \{\m{B}} 「じゃ、帰るな」
<0602> \{Furukawa} "Yes, good night."
// \{古河} 「はい、おやすみなさいです」
<0603> \{\m{B}} "Yeah..." // To SEEN0417
// \{\m{B}} 「ああ…」

<9800> Galaxy
// 銀河
<9801> Universe
// 宇宙
<9802> Cosmo
// コスモ
<9803> Char
<9804> Akio
<9805> Okazaki-san

Script Chart[edit]

You may edit this page by clicking:
//www.baka-tsuki.org/project/index.php?title=Template:Clannad:ScriptChart&action=edit

Main Fuko Tomoyo Kyou Kotomi Yukine Nagisa After Others
April 14 SEEN0414 SEEN6800 Sanae's
Scenario
SEEN7000
April 15 SEEN0415 SEEN2415 SEEN3415 SEEN4415 SEEN6801
April 16 SEEN0416 SEEN2416 SEEN3416 SEEN6416 SEEN6802 Yuusuke's
Scenario
SEEN7100
April 17 SEEN0417 SEEN1417 SEEN2417 SEEN3417 SEEN4417 SEEN6417 SEEN6803
April 18 SEEN0418 SEEN1418 SEEN2418 SEEN3418 SEEN4418 SEEN5418 SEEN6418 SEEN6900 Akio's
Scenario
SEEN7200
April 19 SEEN0419 SEEN2419 SEEN3419 SEEN4419 SEEN5419 SEEN6419
April 20 SEEN0420 SEEN4420 SEEN6420 Koumura's
Scenario
SEEN7300
April 21 SEEN0421 SEEN1421 SEEN2421 SEEN3421 SEEN4421 SEEN5421 SEEN6421 Interlude
April 22 SEEN0422 SEEN1422 SEEN2422 SEEN3422 SEEN4422 SEEN5422 SEEN6422 SEEN6444 Sunoharas'
Scenario
SEEN7400
April 23 SEEN0423 SEEN1423 SEEN2423 SEEN3423 SEEN4423 SEEN5423 SEEN6423 SEEN6445
April 24 SEEN0424 SEEN2424 SEEN3424 SEEN4424 SEEN5424 SEEN6424 Misae's
Scenario
SEEN7500
April 25 SEEN0425 SEEN2425 SEEN3425 SEEN4425 SEEN5425 SEEN6425 Mei & Nagisa
April 26 SEEN0426 SEEN1426 SEEN2426 SEEN3426 SEEN4426 SEEN5426 SEEN6426 SEEN6726 Kappei's
Scenario
SEEN7600
April 27 SEEN1427 SEEN4427 SEEN6427 SEEN6727
April 28 SEEN0428 SEEN1428 SEEN2428 SEEN3428 SEEN4428 SEEN5428 SEEN6428 SEEN6728
April 29 SEEN0429 SEEN1429 SEEN3429 SEEN4429 SEEN6429 SEEN6729
April 30 SEEN1430 SEEN2430 SEEN3430 SEEN4430 SEEN5430 SEEN6430 BAD End 1 SEEN0444
May 1 SEEN1501 SEEN2501 SEEN3501 SEEN4501 SEEN6501 Gamebook SEEN0555
May 2 SEEN1502 SEEN2502 SEEN3502 SEEN4502 SEEN6502 BAD End 2 SEEN0666
May 3 SEEN1503 SEEN2503 SEEN3503 SEEN4503 SEEN6503
May 4 SEEN1504 SEEN2504 SEEN3504 SEEN4504 SEEN6504
May 5 SEEN1505 SEEN2505 SEEN3505 SEEN4505 SEEN6505
May 6 SEEN1506 SEEN2506 SEEN3506 SEEN4506 SEEN6506
May 7 SEEN1507 SEEN2507 SEEN3507 SEEN4507 SEEN6507
May 8 SEEN1508 SEEN2508 SEEN3508 SEEN4508 SEEN6508 Kyou's
After
Scene
SEEN3001
May 9 SEEN2509 SEEN3509 SEEN4509
May 10 SEEN2510 SEEN3510 SEEN4510 SEEN6510
May 11 SEEN1511 SEEN2511 SEEN3511 SEEN4511 SEEN6511 Fuko
Master
SEEN1001
May 12 SEEN1512 SEEN3512 SEEN4512 SEEN6512 SEEN1002
May 13 SEEN1513 SEEN2513 SEEN3513 SEEN4513 SEEN6513 SEEN1003
May 14 SEEN1514 SEEN2514 SEEN3514 EPILOGUE SEEN6514 SEEN1004
May 15 SEEN1515 SEEN4800 SEEN1005
May 16 SEEN1516 BAD END SEEN1006
May 17 SEEN1517 SEEN4904 SEEN1008
May 18 SEEN1518 SEEN4999 SEEN1009
-- Misc.
Fragments
SEEN0001
SEEN9030
SEEN9032
SEEN9033
SEEN9034
SEEN9042
SEEN9071
SEEN9074
SEEN9524


Other